「シロウト戦略」

広く浅い情報共有雑記ブログ。

僕は稼げるのか不安しかないので、稼いでいるであろう人をとにかく観察してみた。そして、「余力」の大事さ。

こんにちは、いっちゅうです。

 

人生経験上、勤めていた会社の倒産を二度経験しました。

 

一度目はうまく切り替えることができ、傷は浅かったんですが、二度目の倒産の時は、寝れずとも遊べずとも血尿だして、ぶっ倒れるまで働きまくり、人生を賭けていたつもりでいたのでしばらくは立ち上がれなかったです。ま、まさかぁ…どうにかなりませんか?でした。

 

好きな仕事というよりは、徐々に仕事を覚えていく上でお客さんもつき、喜んでもらいたい気持ちと使命感に燃え、前だけ見て突っ走っていたような感じでした。残り数ヶ月、無休無給でやっていました。

 

家族には迷惑や心配をかけたけど、お客さんには最低限の責任は果たせたのかなと思っています。会社のためではなく、僕を信じてくれた人たちのため。それと、最後はせめて自己満足したかったんだと思います。記憶もあまりないんですが、結果、残ったものは少しのお金と中国の友人だけ。

 

時間を戻すことはできないとはわかってて、後悔や反省をし続けても、先には進めません。自分への投資の仕方を失敗したのかな。もっと早くいろんな決断ができていれば、今とは違った今を過ごしていたのかな。少しだけ頭をよぎることもあります。とはいっても、過去の話です。

 

何かを取り戻したいのか、人生いつ何がどうなるのかわからない事にたいしてひとつ武器を持ちたいのか。現在、ぼくは投資に挑戦しているわけですが、実際、利益確定すら未経験。昨日の高騰にものることはできませんでした。そりゃそうです。資金はすべて塩漬け。

 

確信のようなものもなく、僕は仮想通貨で稼げるようになるのか?

f:id:Threethings:20180821112421j:plain

 

でもです。それでも、こんなことを勉強のひとつと捉え、胸に刻んですすむしかありません。

 

資金は全額突っ込むと、いざというとき身動き取れません。70,50,30%の余力は残し、ドカンと飛んでくその時に乗れるよう、そして、退場しないよう、虎視眈々と息をひそめ、準備をしておく。値幅を追いかけておく。ファンダ、テクニカルの勉強をしておく。と、学びました。

 

※投資で稼いでる人を観察してみた。(間違った勉強しないため、真似するため)

  • 投資するものについて、知らないことがない(ほど調べつくしている)。自分の信じたもののプロフェッショナルになる。徹底。
  • 言葉の壁が薄く、最新の情報を収集、分析。外国語ができなくても、翻訳機能を使ってでも調べる。数ヶ国語なんて、ザラにいる。
  • 裏づけをとることで、自分の考えを確信に一歩でも近づける作業。不安ごと消し飛ばす。そうである根拠を探る。なければ、お金は動かさない。
  • トライアンドエラーを繰り返し、圧倒的な経験値を積み、技術に磨きをかけ、負の感情と共存できている。時間が掛かるが、一番大事で大変な事かもしれない。
  • 動じないハート。折れないハート。柔軟に対応できるハート。
  • リスクを管理し、挽回できる技術がある。逃げ方を数パターン用意。

 

あと出てこない。きっとまだある。でもうまく言葉に出来ない。そして、見つけきれてない。

 

すごい人と自分との違い、足りないもの、やっていくことを知ろうと思ったら、なんと別世界です。ふぇ~、です。

 

もちろん一朝一夕で習得できるなんて思っていなく、背中をみて、盗んで、真似して、失敗して、時々少しだけ成功していくことを繰り返すしかない。ということ。真似することを許してください。

 

稼ぐのか、諦めるのか。逃げるのか、居座るのか。

 

結果を出すまでは

 

やるしかない!ということです。

やめない!ということです。